ソニーは、35mmフルサイズ対応αEマウントレンズとして、小型・軽量ながら超広角20mmから70mmまでの幅広いズーム域をカバーする静止画・動画向け標準ズームレンズ「FE 20-70mm F4 G」を2023年2月10日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は税込185,000円前後。

Introducing FE 20-70mm F4 G

FE 20-70mm F4 Gは、超広角20mmから70mmまでをカバーし、幅広いズーム全域で開放F値4の明るさを実現した標準ズームレンズ。レンズの小型・軽量化(全長99mm、質量約488g)にも成功し、ミラーレス一眼カメラ本体と組み合わせて超広角から中望遠まで様々なシーンで描写力を発揮する。

高度非球面AAレンズ2枚、非球面レンズ1枚、ED(特殊低分散)ガラス3枚に加え、ED非球面レンズ1枚を用いた構成で、色収差/球面収差を良好に補正。9枚羽根の円形絞りと球面収差の最適化により、Gレンズならではの美しく柔らかいぼけを表現できる。最短撮影距離はAF時に0.3-0.25m、MFで0.25m、最大撮影倍率は0.39倍。これにより、小さな花や料理の撮影のほか、浅い被写界でぼけを活かした印象的な撮影が可能だとしている。

『FE 20-70mm F4 G』で撮影した作品

ソニー独自のXDリニアモーターにより推力効率が従来機種「FE 24-70mm F4 ZA OSS」より大幅に向上し、AF速度は従来比で約60%高速化に成功。さらに、動体への追随性能も約2倍に向上した。

動画・静止画どちらの撮影でも使いやすいボタン位置のデザインに加え、撮影中の意図しない操作を防ぐアイリスロックスイッチ、絞りリングの切り替えスイッチ、カスタムアサイン可能なフォーカスホールドボタンなどを備えている。

製品仕様

レンズ構成 13群16枚
最短撮影距離 0.3m-0.25m(AF時)、0.25m(MF時)
最大撮影倍率 0.39倍
焦点距離 20-70mm
焦点距離イメージ 30-105mm
フィルター径 72mm
大きさ 最大径78.7mm×長さ99mm
質量 約488g